事業案内
HOME > 会社情報 > 代表挨拶

代表挨拶

株式会社ウェブベンダーは、山梨県で創業30年以上に渡ってカー用品専門店を展開する株式会社ツルタが2000年1月に立ち上げたインターネット部門が、2004年6月に分社独立した会社です。

インターネットの普及とネットショッピングの一般化によって「欲しいものを買う」という行為は私たちの子供の頃から考えると、大きな変化を遂げています。子供の頃、デパートに連れて行ってもらった時に感じる「ドキドキ」や「わくわく」は今でも鮮明に心に残っています。私たちは、そんな「ドキドキ」や「わくわく」といった『楽しい』という気持ちを、『便利』なインターネットを通じてお客様にお届けしたいと考えております。

その為に私たちは現在、3つのサービスをお客様にご提供しております。
1つ目は、社名と同一名のサービスであるドロップシッピングサービスのウェブベンダーです。ウェブベンダーは「売っても買っても得するサイト」というコンセプトの下に、多くの販売会員様に売る楽しさや喜び、ネットに繋がるPCさえあれば仕事ができるという利便性と共に、販売報酬をご提供しています。
2つ目は、スタイルマーケットというサービス名で展開しているネットショップの運営です。タイヤから雑貨まで、幅広い品揃えでお客様のライフスタイルに合った商品提案ができるよう目指しております。
3つ目は、ウェブベンダーやスタイルマーケットで培ったノウハウをご提供するECビジネスに関するアウトソーシングビジネスです。

社会環境の変化と共にコミュニケーション手段は多様化しています。
リアルからバーチャル(ネット)への消費の広がりは年を追うごとに増えています。社会がその利便性を大きく認識し始めているのだと思います。しかしながら、人が感じる『楽しい』や『便利』という本質的な気持ちは普遍であるはずです。
変化と上手に向き合いながら、人とのご縁や繋がりを大切に思いつつ、ネットの向こう側にいらっしゃるお客様へ暖かい価値を提供していきたいと思います。

『社会に「楽しい」と「便利」を「創造」する!』という理念の下、人との繋がりを大切にしながら、3つのビジネスの幹をしっかりさせることで、今後もお客様に対して高い価値がご提供できるよう、努めて参りたいと思います。

株式会社ウェブベンダーを何卒よろしくお願い致します。

株式会社ウェブベンダー 代表取締役 堀内 敏男

代表者略歴

  山梨県出身 東京理科大学 卒業
1999年 株式会社ビジネスブレイン太田昭和入社
2000年 株式会社エクスペリエンスの創業から立上に参画
※株式会社インテリジェンス出資のeビジネス人材専門の人材紹介会社
2003年 株式会社インテリジェンスへ転籍
2004年 株式会社ツルタ入社
2008年 株式会社ウェブベンダー 代表取締役に就任

子供の頃から製麺業を営むおじいちゃんの働く姿を見て「カッコいい」と思いながら育ちました。
いつかは自分でも事業をしてみたいと考えており、学生時代には割烹料理店の店長さんに会社/店舗経営の大切なことを教えていただきました。

経営と会計とITを学ぼうと入社したビジネスブレイン太田昭和は1年しか在籍せずにご迷惑をお掛けしましたが、その際の事業部長さんには、現在でも1年に1度はお会いする時間をいただいています。

私が23歳の時、母親が急逝したことをきっかけに「人生はいつ終わるか分からない!いつ終わってもいいように全力で生きよう!」と思うようになり、学生時代の友人の誘いを受けて株式会社インテリジェンス出資の事業立上に参画をしました。社会人経験2年目が6人と、4年目の先輩1人の計7人で事業開始!喧々諤々、深夜どころではなく、時には朝まで「会社って何だ」「自分たちはどうして集まった」などなどを真剣に議論しました。7人でスタートした組織が30名になる頃、親会社のインテリジェンスへ経営統合を経験しました。この時間は、私のビジネス人格の礎を創った3年間であり、その当時の仲間は今でも私の宝です。

エクスペリエンス立上時のインテリジェンスは200名強だったと思いますが、統合された時には1,000人を超える規模に拡大していました。そこでは、下っ端ミドルマネジメントの立場から、会社が規模を拡大していくフェーズで、どのようなことが必要なのかということを学びました。
人間的成長を促進させてくれた良い経験です。

おじいちゃん・おばあちゃん子であった私は、一生腰を据えて仕事ができる環境に身をおいて、継続的な事業成長に貢献したいと考え始め、結婚を機に実家のある山梨に戻りました。
2004年に結婚し、2児を授かりました。

仕事やプライベートで今まで出合った方やお世話になった先輩、上司、そして同士に感謝しつつ「時間が経ったなぁ〜」と思いながらこの略歴をまとめています。
仕事もプライベートも、バランスを取りつつ「楽しむ」ということがモットーです!

ページトップへ戻る